校章・校旗・校歌

与野東中学校の校章は、戦後の六三制発足当時にさかのぼる。昭和22年の開校当時は町立であり、町内に新制中学校は1校のみであったため、与野町立与野中学校と称された。
校章の中央に「中学」を置き、左右にひらがなの「よの」を対称させたのは、そのことに由来する。このことにより「東」の文字がデザイン化されていないところに、長い伝統を感じさせる校章である。    

このページのトップヘ